スモックの製作

スモックの製作

グッズ洋裁メイキングでは、スモック、エプロンなどの子供服をはじめ、レッスンバッグ、お弁当袋、帽子などの製作工程を紹介しています。

1.型紙を置いて生地を裁断する。

洋裁製作工程「スモック」生地の裁断
前身ごろ・後見ごろ(中心をわにして)
・・各1枚
袖(左右)
・・各1枚
ポケットをつけるならポケット。
及び市販のバイアステープを使わないなら3cm巾でバイアスを裁断する。

2.生地を裁断したところ。

洋裁製作工程「スモック」生地の裁断した状態
1・2・3・4のそれぞれ身頃と袖を生地を中表にして縫い合わせる。

3.縫い合わせる。

洋裁製作工程「スモック」縫い合わせ
縫い合わせている写真です。

4.縫い合わせたら端ミシン(ロックミシン)を掛け、縫い代の始末をする。

洋裁製作工程「スモック」ロックミシンを掛ける
縫い合わせたら端ミシン(ロックミシン)を掛け、 縫い代の始末をする。

5.縫ったところにアイロンをかける。

洋裁製作工程「スモック」アイロンを掛ける
縫ったところにアイロンを掛ける。

6.身頃と袖を縫い合わせて、この様になります。

洋裁製作工程「スモック」身頃と袖を縫い合わせる
身頃と袖を縫い合わせて、この様になります。

7.袖口から脇〜裾までを縫い合わせる。

洋裁製作工程「スモック」袖口から脇〜裾までを縫い合わせる
A.袖口から脇〜裾までを縫い合わせる。
(1)(2)をそれぞれ縫う。
B.縫う工程。

縫い代を端ミシン(ロックミシン)で処理する。

洋裁製作工程「スモック」縫い代をロックミシンで処理する
縫い代を端ミシン(ロックミシン)で処理する。

8.脇〜袖口まで縫い終わったところ(裏から見た写真)

洋裁製作工程「スモック」袖口から脇まで縫い終わった状態
脇〜袖口まで縫い終わったところ(裏から見た写真)

9.スモック本体とバイアステープを縫い付ける。

洋裁製作工程「スモック」バイアステープを縫い付ける
洋裁製作工程「スモック」バイアステープを貼り付ける。表から見たところ
A.スモック本体とバイアステープを中表に合わせ襟ぐりにバイアステープを縫い付ける。
※写真のバイアスは共生地を使用してますが、市販のバイアステープでも、もちろん良いです。
※後ろ中心から縫い始めて、ゴムの通し口をあけておく。
B.バイアステープを縫い付けた所(裏から見た図) 空いてるところが後ろ中心。
C.表から見た図

10.アイロンをかける。

洋裁製作工程「スモック」アイロンを掛ける
アイロンを掛ける。

11.バイアスを縫って襟ぐりを仕上げる

洋裁製作工程「スモック」襟ぐりを仕上げる
A.バイアスを縫って襟ぐりを仕上げる。
B.後ろ中心はゴムの通し口になります。

12.袖口を三つ折にして縫う。

洋裁製作工程「スモック」袖口を縫う
袖口を三つ折にして縫う(縫い始めと縫い終わりの間を1cm位開けておきゴムの通し口とする)

13.裾を三つ折にして縫う。

洋裁製作工程「スモック」袖を三つ折りにして縫う
裾を三つ折にして縫う。ここまでで、縫う作業は終了です。

14.仕上げのアイロンを全体にかける。

洋裁製作工程「スモック」仕上げのアイロン掛け
仕上げのアイロンを全体にかける。

15.仕上げのアイロンを掛けたら、こんな感じ。

アイロン掛けを終えた状態
仕上げのアイロンを掛けたら、こんな感じ。

16.袖口と襟ぐりにそれぞれゴムを通す。

洋裁製作工程「スモック」袖口と襟ぐりにゴムを通す
袖口と襟ぐりにそれぞれゴムを通す。

17.完成!

洋裁製作工程「スモック」完成
スモックの完成!!

【補足】ポケットを付ける場合

洋裁製作工程「スモック」補足・ポケットを付ける場合
ポケットを付ける場合
A.ポケット口を三つ折にして 縫い代にアイロンを掛け二つ折りにする。
B.身頃のポケット付け位置に合わせピンで留めて ミシンを掛ける。

ワンポイントアドバイス

洋裁製作工程「スモック」ワンポイント アドバイス バイアステープ
バイアステープ
襟ぐりに使うバイアステープは市販の物でももちろん良いです。自分でも共生地を使って作れるのでやってみても良いかも。
生地は地の目(縦)方向が一番強いけど、斜め(45度)は一番伸縮性があって伸びやすいんです。なので、この性質を利用したのがバイアス。
※バイアスとは斜めという意味です。
右図のように、生地を斜め45度に裁断していって繋げていけば、自分でもバイアステープは作れます。スモックの襟ぐりに使うなら3cm位の巾で90cm〜100cm位の長さの物を作ると襟ぐりに丁度良いです。
アイロン掛け
工程の中に何度か「アイロンを掛ける」とあります。 一つの工程が終わったら面倒でもアイロン掛をして、次の工程に進むと出来上がりが、断然綺麗です。「ちょっと面倒だな〜」と思うかもしれませんが、出来上がりに歴然と差が出るので アイロンを掛ける!洋裁するなら基本でもあるので、面倒でもやってみてね。