レッスンバッグの製作 -応用編-

レッスンバッグの製作 「応用編」

-ポケットなどをつける-

-持ち手を共布で作る-

-裏地を付ける-

ポケットなどをつける。

1.パーツの裁断をする。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」パーツの裁断をする
このサンプルでは、ポケットを3種類の生地で3個つけてますが 、デザインはお好みで・・(同じ生地でも、大きなポケットを一つでも・・色々出来ます)
ポケット口になる部分は縫い代2cm、その他の部分は縫い代1cmで裁断する。

2.ポケット部のミシン、アイロン掛け。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」ミシン、アイロン掛け
ポケット口になる部分を三つ折にしてミシンをかけ、ふちを二つ折りにしてアイロンを掛ける。

3.ポケットを本体に縫い付ける。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」ポケットを本体に縫い付ける
☆この段階で本体は、レッスンバッグ(基本編)の「2.縫い代の処理をする」までした状態で☆。
縫い付ける場所もお好みで・・(隅っこに小さく、とか真ん中に大きくとか・・)

4.この後の工程は基本編の「3.両サイドを縫い合わせ、アイロンを掛ける」以降と同様

基本編の「3.両サイドを縫い合わせ、アイロンを掛ける」に移動する。

持ち手を共布で作る。

市販のアクリルテープ等を使わないで同じ生地で作る場合。

1.裁断をする。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」生地の裁断
このサンプルでは、持ち手の表と裏を違う生地にしていますが,勿論一つの生地でもOKです。持ち手の巾や長さもお好みで調整してください。
☆サンプルの持ち手は巾3cm、長さ40cmになるように裁断しています☆

2.中表にあわせ片側だけ縫っていく。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」中表にあわせ片側だけ縫っていく
中表にあわせ片側だけ縫っていく(つつにして両側を縫っていくのも方法もありますが,長さがあると表にひっくり返すときに大変なので、ここでは片側だけまず縫っていく方法を紹介しています)

3.アイロンを掛ける。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」アイロンを掛ける
縫ったところにアイロンを掛け、両側の縫い代を1cmそれぞれ内側になる方向に折込 アイロンを掛ける。

4. 縫い合わさってない部分を表からミシンで縫っていく。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」縫い合わさってない部分を表からミシンで縫っていく
縫い合わさってない部分を表からミシンで縫っていく。先に中表で縫った側も表からステッチを掛ける。

5.基本編の持ち手をつけるの部分がここで作った持ち手になります。

他の工程は基本編と同じ。

裏地を付ける。

裏地を付ける場合は表地、裏地、共に縫い代の処理は必要ありません。

1.表地の裁断(基本編1の工程)および裏地の裁断をする。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」表地・裏地の裁断
このサンプルでは柄の上下がある生地を使っているので、2枚別に裁断していますが、柄の上下がないような生地なら、底の部分を「わ」にして裁断する方法もあります。
表地は基本編の3までの工程まで同じ、ここで、4の工程を飛ばし先に持ち手を本体に縫い付けておく。

2.裏地を作る。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」裏地を作る
底の部分を縫い、縫い代を開いてアイロンを掛ける。

3.両サイドを縫って、アイロンを掛ける。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」両サイドを縫って、アイロンを掛け
両サイドを縫っていき、アイロンをかけて、口になる部分の縫い代1cmを内側に折込アイロンを掛ける。

4.表地にあわせる。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」表地にあわせる
本体の基本編3までの出来ていて持ち手が縫いつけられた上体に裏地をピンで留めていく。
慣れないうちはしつけ糸でしつけをしてから、ミシンを掛けると縫いやすい。

5.表地と裏地が重なった状態でミシンを掛けていく。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」表地と裏地が重なった状態でミシンを掛けていく
テキスト。

6.完成

洋裁製作工程「ランチョンマット」完成
テキスト