レッスンバッグの製作 -基本編-

レッスンバッグの製作 「基本編」見本

レッスンバッグの製作 「基本編」

この写真のバッグの出来上がり寸法は30×40です。

1.生地を裁断する。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」生地の裁断
ここで使用している生地は、柄の上下がないので底の部分を「わ」にして裁断していますが 柄に上下があるような生地なら、底の部分の縫い代を1〜1.5cm付けて、裏表それぞれ裁断してください。。

2.縫い代の処理をする。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」縫い代の処理
4辺全ての縫い代の処理をする(ロックミシンもしくは端ミシンを掛ける)。

3.両サイドを縫い合わせ、アイロンを掛ける。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」両サイドを縫い合わせ、アイロンを掛け
両サイドの縫い代は開いてアイロンをかける。 口になる部分を二つ折りにしてアイロンを掛ける。

4.口になる部分を縫っていく。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」口になる部分を縫っていく
テキスト。

5.持ち手を縫い付けていく

洋裁製作工程「レッスンバッグ」持ち手を縫い付け
このサンプルでは、共布の持ち手をつけていますが、市販のアクリルテープ等を使うと簡単です。 このように共布での持ち手をつけたい場合は応用編を参考にしてください。

5.【補足】

洋裁製作工程「レッスンバッグ」補足

市販のアクリルテープ等を使うと簡単にもち手をつけられます。 巾や色も種類があって、手芸屋さんなどで売られています。

6.完成。

洋裁製作工程「レッスンバッグ」完成
仕上げにアイロンを掛けて完成。
♪この写真は持ち手に共布やポケットをつけるなどのデザインをしています。 自分なりのデザインをつけて作りたい場合は応用編を参考にしてください♪