シンプルランチョンマット製作 -応用編2-

シンプルランチョンマット製作 「応用編2」

-バイアステープで端の処理をする場合-

バイアステープについて

バイアステープについて
バイアステープ
バイアステープは市販の物でももちろん良いです。自分でも共生地を使って作れるのでやってみても良いかも。
生地は地の目(縦)方向が一番強いけど、斜め(45度)は一番伸縮性があって伸びやすいんです。なので、この性質を利用したのがバイアス。
※バイアスとは斜めという意味です。
右図のように、生地を斜め45度に裁断していって繋げていけば、自分でもバイアステープは作れます。
アイロン掛け
工程の中に何度か「アイロンを掛ける」とあります。 一つの工程が終わったら面倒でもアイロン掛をして、次の工程に進むと出来上がりが、断然綺麗です。「ちょっと面倒だな〜」と思うかもしれませんが、出来上がりに歴然と差が出るので アイロンを掛ける!洋裁するなら基本でもあるので、面倒でもやってみてね。

1.生地を裁断する。

洋裁製作工程「ランチョンマット」生地を裁断する
土台になる生地は、バイアスで包む場合には縫い代の処理が必要ないので、出来上がり寸法が裁断寸法になります。

3.ワンポイント

洋裁製作工程「ランチョンマット」ワンポイント・バイアスの画像
バイアスについて。
バイアスは市販の物でもよいですが、気にいった生地があれば自分で作る事ができます。上記のバイアスについてを参考にしてみてね。

2.バイアスを土台の生地につけていく。

洋裁製作工程「ランチョンマット」バイアスを土台の生地につけていく
慣れないうちはしつけをしてからミシンをかけるのがベスト(慣れたら、写真みたいにピンで留めた状態でミシンを掛けても大丈夫)

3. バイアスを本体に縫い付けていく。

洋裁製作工程「ランチョンマット」バイアスを本体に縫い付けていく
端から1cmほどのところをミシンで縫っていく(市販のバイアステープなら折り目の所) 縫い終わりはバイアスの生地を重ねる(最後は断ち切りのままでOK)

4.アイロンを掛ける。

洋裁製作工程「ランチョンマット」アイロンを掛ける
ミシンを掛けたところを綺麗にアイロンを掛ける。
A.アイロンを掛ける / B.アイロン裏の画像
洋裁製作工程「ランチョンマット」アイロンを掛ける
バイアスで本体を包むようにアイロンを掛ける。
C.バイアスで包む / D.アイロン全体画像

5.ミシンを掛ける

洋裁製作工程「ランチョンマット」ミシンを掛ける
バイアスの端をミシンで縫っていく。

6.仕上げにアイロンを掛けたら、完成

洋裁製作工程「ランチョンマット」仕上げにアイロンを掛ける
仕上げにアイロンをかけたら、完成です。
洋裁製作工程「ランチョンマット」完成