シンプルランチョンマット製作 -基本編-

シンプルランチョンマット製作「基本編」

洋裁は苦手、ミシンは始めて・・という方は 直線縫いで出来るランチョンマットから始めると良いですよ。

1.まずは生地を裁断する。

洋裁製作工程「ランチョンマット」生地の裁断
作りたい大きさに4辺それぞれ2cmづつの縫い代をつけて生地を裁断します。
縫い代は最初は2cm位あったほうが良いので2cmにしていますが、縫い代の巾が小さいほうがお好みなら1cmでも1.5cmでも良いです。ただ、ミシンに慣れていないなら2cm以上あったほうが安心かと思います。逆に不安なら3cmくらいでもいいかも・・。
写真のランチョンマットは35cm×27cmのサイズです。
例・・写真と同じサイズだとしたら、39cm×31cmの四角に裁断をする。

2.アイロンを掛ける。

洋裁製作工程「ランチョンマット」アイロン掛け
出来上がり寸法になるように縫い代にアイロンを掛ける。
※アイロンかけは、二つ折りにするだけでも良いですが、最初から三つ折になるように掛けても良いです。 ただ、縫っているうちにずれてきて縫い難くなる場合もあるので、二つ折りでアイロンを掛けて縫うときにピンで留める方が縫いやすいかも・・。

2.【補足】

洋裁製作工程「ランチョンマット」補足

三つ折でアイロンを掛けた状態(左端) 上の部分は二つ折りの状態です。

3.ミシンで縫っていく。

洋裁製作工程「ランチョンマット」ミシンで縫う
1辺づつ、縫い代を三つ折にして端から約0.8cm位(そんなに細かくこの数字にこだわらなくていいですよ)のところをミシン掛けしていきます。縫い代はアイロン掛けしてあっても、動かないようにピン等で留めるのがベスト。
※ピンとミシンの針がぶつかると、ピンや針が折れる事があるので留めてあるピンの手前でミシンを止めて、ピンを抜いてから先に進めていくと良いです。
※縫い始めと、縫い終わりは返しミシンをする。
※4辺を続けて縫わずに、1辺づつ縫っていく方が縫いやすいし出来上がりもキレイなので、面倒でも1辺づつ縫っていくと良いでしょう。

3.ワンポイント 「返し縫いについて」

洋裁製作工程「ランチョンマット」ワンポイント返し縫い
返し縫いについて。
ほとんどのミシンに返し縫の機能がついています。縫い始めから1〜2cm縫った所から後ろ向きに元の縫い始めまで戻り、そこから縫い終わりまで直線縫いをしていきます。 最後の縫い終わりも同じく1〜2cm戻り、最後は縫い終わりまで・・。
※写真は1辺目を縫い終わったところ。

4.1辺目が縫い終わったら、次の辺を縫っていく。

洋裁製作工程「ランチョンマット」次の辺を縫う
次の部分の縫い代を写真のようにピンで留めて ミシン掛をしていく。
縫い始めの部分が最初に縫った辺の縫い代と重なるので厚くなってきます。若干縫いづらくなるので、ゆっくりと縫い始めましょう。
※ピンに関する注意事項は上記と同じ。
※返し縫も同様です。

5.2辺目まで縫ったところ

洋裁製作工程「ランチョンマット」2辺目まで縫ったところ
2辺目まで縫った所です。同様に、3辺目の縫い代をピンで留めミシンで縫っていきます。その次は4辺目も同様に縫っていきます。
※ピンや返し縫に関しては、どこでも一緒です。

6.縫いあがり〜!!

洋裁製作工程「ランチョンマット」縫い上がり
4辺全部縫い終えたら、ほぼ完成!! (写真は裏から見たところです) 仕上げにアイロンを掛けましょう。アイロンを掛けたら出来上がりが全然違いますよ。

6.【補足】

洋裁製作工程「ランチョンマット」補足

仕上げのアイロンを掛ける。

7.完成〜 (^^)v

洋裁製作工程「ランチョンマット」完成
これで出来上がり〜!! 頑張りました。
慣れてきたら、違う柄などで何枚か縫ってみるとミシンの扱いにも慣れていきますよ。段々慣れてきたら、次は巾着などの袋物やランチョンマットの応用編などにもトライしてみてね。