ランチマット兼用ランチバック

「ランチマット兼用ランチバック」

ランチマット兼用ランチバック

ゴムでくるっとお弁当箱を包んで、そのまま広げてランチマットとして使えるお弁当袋の作り方です。

1.裁断する。

洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」生地の裁断
生地を裁断する。
表布と裏布をそれぞれ裁断する。裏布は出来上がり寸法が32cmの正方形に裁断。表布は三角形の切替部分を別に裁断する。
生地以外に用意するもの。
32cmのゴム。マジックテープ2cm位。ボタン(1.5~2cm位)1個。

2.ゴムをはさみ、表地を作る。

洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」ゴムをはさみ、表地を作る
洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」ゴムをはさみ、表地を作る
ゴムをはさみ、表地を作る。
表布本体と三角形部分を中表にして縫い合わせる。
真ん中になる位置に、ゴムを輪にしてはさみ縫う。縫ったらアイロンを掛ける。

3.表布と裏布を縫い合わせる。

洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」表布と裏布を縫い合わせる。
洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」表布と裏布を縫い合わせる。
表布と裏布を縫い合わせる。
表布と裏布を中表に合わせ縫いあわせる。 表に返すために6〜7cm位残して、それ以外の部分はぐるりと4辺を縫う。
表に返す前に角の縫い代は三角形に切り落とす。 縫い残した部分から表に返してアイロンを掛ける。

4.開いている部分を縫う。

洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」開いている部分を縫う。
開いている部分を縫う。
縫い残した部分を縫い合わせる。ここでは手縫いしています。
次の工程で4辺の端にミシン縫いでステッチを掛ける場合は、その工程の中で縫い合わせればいいので、ここの工程は省略しても問題ありません。

5.周りを縫う。

洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」周りを縫う。
周りを縫う。
4辺の端ににステッチを掛ける。もちろんミシン縫いでも良いのですが、この作品はほっくりとした感じにしたかったので手縫いしています。

6.ボタンとマジックテープを付ける。

洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」ボタンとマジックテープを付ける。
ボタンとマジックテープを付ける。
表布のゴムを挟んでいるあたりにボタンを付ける。
マジックテープも縫い付ける(なくても良いがあるとお弁当袋を包んだ時に収まりがいい) 片側は表面、もう片側は裏面に縫い付ける。
洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」ボタンとマジックテープを付ける。

7.完成。

洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」完成。
完成。
広げてランチマットとして使えます。
洋裁製作工程「ランチマット兼用ランチバック」完成。