ギャザーお弁当袋の製作 -基本編-

ギャザーお弁当袋の製作「基本編」

ここでは口の部分がギャザーになるお弁当袋を紹介しています。

1.生地を裁断する。

洋裁製作工程「ランチョンマット」生地の裁断
生地を裁断する。
基本的にはシンプルお弁当袋の基本と同じですが、口の部分をギャザーにするので口部分の縫代が大きくなります。

2.底を縫い、縫代の始末をする。

洋裁製作工程「ランチョンマット」アイロン掛け
底を縫い、縫代の始末をする。
底の部分を中表に合わせ縫い合わせ、アイロンを掛ける。
底の縫代、両サイド、口の部分(紫線の部分)にロックミシンを掛ける。

3.両サイドを縫う。

洋裁製作工程「ランチョンマット」ミシンで縫う
両サイドを縫う。
両サイドを中表に合わせ、後から紐を通す部分を残して縫い合わせる。
縫った後の参考写真→画像右側(茶色枠)

4.開きを作る。

洋裁製作工程「ランチョンマット」次の辺を縫う
開きを作る。
3で縫った縫代を開いてアイロンを掛け、開きになる部分の周りにステッチを掛ける。(写真:紫の枠線がステッチとなる部分です。)

5.マチを作る。

洋裁製作工程「ランチョンマット」2辺目まで縫ったところ
マチを作る。
底から4.5cmの所を開いてステッチを掛けマチを作る。
詳しくは基本編を参照してください。

6.口。

洋裁製作工程「ランチョンマット」縫い上がり
口。
縫代6cmを二つ折にしてアイロンを掛ける。

7.口を作る。

洋裁製作工程「ランチョンマット」完成
口を作る。
出来上がり線から3cmおよび5cmの部分と口の部分にステッチを掛ける。
ここまでの工程が終わったら仕上げにアイロンを掛ける。

8.紐を通す。

洋裁製作工程「ランチョンマット」完成
紐を通す。
4で作った開きに紐を通す。

9.完成。

洋裁製作工程「ランチョンマット」完成
完成。
生地やサイズを変えて作ると浴衣にも似合う巾着にもなっちゃうよ。
※ 紐の長さ:60cmを2本