コップ袋の製作

コップ袋の製作

コップ袋の製作

ここではコップ袋としての用途で紹介していますが、全体のサイズやマチのサイズを変更して鞄の中の小物入れなどにも利用できます。

1.生地を裁断する。

洋裁製作工程「コップ袋」生地の裁断
生地を裁断する。
ここで紹介しているものは生地に柄の上下がないので、底の部分を「わ」にして断っています。
柄に上下があるものなら、底の部分に縫い代を1cmほど付けて表裏それぞれ裁断します。

2.縫代の始末をします。

洋裁製作工程「コップ袋」縫代の始末をします
縫代の始末をします。
両サイドの縫代にロックミシンを掛ける。

3.両サイドを縫う。

洋裁製作工程「コップ袋」両サイドを縫う
両サイドを縫う。
中表に合わせ、底のまちになる部分を図のように折込、底〜開き止まりまで縫い合わせる。

4.アイロンを掛ける。

洋裁製作工程「コップ袋」アイロンを掛ける
アイロンを掛ける。
A.3で縫いあわせた縫代を開いてアイロンを掛ける。
B.口になる部分も出来上がり線に合わせアイロンを掛ける。

5.開きを作る。

洋裁製作工程「コップ袋」開きを作る
開きを作る。
左右の開きになる部分にステッチを掛けていく。

6.口を縫う。

洋裁製作工程「コップ袋」口を縫う
口を縫う。
口になる部分を三つ折にして、黄色の点線部分にステッチを掛ける。

7.完成。

洋裁製作工程「コップ袋」完成
洋裁製作工程「コップ袋」完成
これで出来上がり〜!! 頑張りました。
仕上げにアイロンを掛け、口に紐を通し完成。
応用.生地を組合わせて作っても可愛いです。
紐の長さは片側にのみ通すなら40cm。ここではコップ袋としての用途で紹介していますが、全体のサイズやマチのサイズを変更して鞄の中の小物入れなどにも利用できます。