クッションカバーの製作-応用編-

クッションカバーの製作

ゴムで巻いて使うクッションカバーの作り方

開きの部分にボタンをつけたクッションカバーです。ここで掲載しているのは出来上がり寸法が30cm四方です。作るサイズに合わせて寸法は変更してください。

作るサイズによって、基本のクッションカバーの作り方のように切替なしでは裁断できない場合なども、その2の作り方を参考にしてください。

1.生地を裁断する。

洋裁製作工程「クッションカバー」生地の裁断
生地を裁断する。
開きになる部分の縫代は2cm(三つ折りにするため)ボタンホールを開ける部分の縫代は10cm(見返しが必要なため)その他の縫代は1cmとしています。

2.端の始末をする。

洋裁製作工程「クッションカバー」端の始末をする
端の始末をする。
・見返しになる部分に接着芯をはり、端を二つ折にしてミシンを掛ける。
・もう一方の開きになる部分を三つ折りにする。

3.両サイドを縫い合わせる。

洋裁製作工程「クッションカバー」両サイドを縫い合わせる。
両サイドを縫い合わせる。
中表に布を合わせ、両サイドを縫い合わせる。ロックミシンなどで縫代の始末をしてアイロンを掛ける。

4.ボタンホールを開ける。

洋裁製作工程「クッションカバー」ボタンホールを開ける。
ボタンホールを開ける。
見返しになる部分を二つ折にする。ボタンホールを作る。

5.上下部分を縫い合わせる。

洋裁製作工程「クッションカバー」上下部分を縫い合わせる。
洋裁製作工程「クッションカバー」上下部分を縫い合わせる。
上下部分を縫い合わせる。
中表にしてボタンホールを作った面を内側にする。もう一方の面を重ねる。
上下の部分を縫い合わせる。端をロックミシンなどで始末してアイロンを掛ける。開きの部分から表に返す。

6.ボタンをつけて完成!!

洋裁製作工程「クッションカバー」ボタンをつけて完成
ボタンをつけて完成。
この写真はボタンをつける前の段階。ここまできたらあとはボタンをつけるだけ!