ボックスティッシュカバーの作り方

ボックスティッシュカバーの製作

紐付きティッシュケースです。の作り方

壁にかけられるようにひもをつけたティッシュケースです。ここで紹介しているのはティッシュの取出し口がを三つ折りではなくバイアスにしています。ヒモの部分だけではなくバイアスでも基本編とは違うので 参考にしてください。

1.生地を裁断する。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」生地の裁断
生地を裁断する。
基本的な寸法はすべて同じです。ティッシュの取出し口になる部分の縫代のみつけていません。バイアスは市販のものでもよいですが、ここではひもと同じ布を使っています。バイアスの寸法は4cm×18cmを2枚。ヒモは縫代込で6cm×40cmを1枚 (ここでは布を切り替えているので2色になっています。もちろん1枚で大丈夫です)

2.バイアスをつける。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」バイアスをつける。
バイアスをつける。
バイアスの裏側になる部分をロックミシンで始末する。つけ方は「バイアステープのつけ方」を参考にしてください。 ※「裏側を包まないパイピング」と同じです。
ここから先の作り方は基本編の「3」以降と全く同じです。

3.ひもをつくる。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」ひもをつくる。
ひもをつくる。
[1]4辺の縫代をすべて1cm位としてアイロンで形をつくる。
[2]周りを縫って形をつくる。
[3]端にボタンホールを開ける。サイズはつけるボタンの大きさに合わせる。

4.本体にボタンをつける。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」本体にボタンをつける
本体にボタンをつける。
両サイドの切替位置あたりにボタンをつける。ここで使っているのは18mm位のボタンです。

5.完成!!

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」完成