ボックスティッシュカバーの製作-基本編-

ボックスティッシュカバーの製作

シンプルなティッシュケースの作り方です。

ここで紹介しているものは切替ですべての布の柄を違うものにしていますが、もちろん全部を同じ布で作っても構いません。

お気に入りの布で作ってみてください。

1.生地を裁断する。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」生地の裁断
生地を裁断する。
Dの端はティッシュの箱を出し入れする部分。AとBの写真では中心になっている部分はティッシュの取出し口になる部分。それぞれ三つ折りにするので縫代は2cmつける。その他の縫代はすべて1cmづつ。
AとBの寸法は同じです。

2.ティッシュの取出し口になる箇所を三つ折りにする。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」ティッシュの取出し口になる箇所を三つ折りにする。

3.切替の布を縫い合わせる。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」切替の布を縫い合わせる。
切替の布を縫い合わせる。
2で三つ折りにしたティッシュの取出し口になる部分を隙間を開けずに合わせCのパーツと中表に合わせ縫い合わせる。 縫い合わせた部分の縫代はロックミシンで始末する。縫代は取出し口とは反対側に倒しアイロンを掛ける。

4.同じくDのパーツと縫い合わせる。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」同じくDのパーツと縫い合わせる。
同じくDのパーツと縫い合わせる。
3と同じく、ABパーツとDパーツを中表に合わせ縫い合わせる。縫代の始末をして取り出口とは反対外側に倒しアイロンを掛ける。

5.底になる部分を縫い合わせる。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」底になる部分を縫い合わせる。
底になる部分を縫い合わせる。
縫代をロックミシンで始末した後、中表に合わせ縫い合わせる。縫代は開いてアイロンを掛ける。

6.奥になる部分を縫い合わせる。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」奥になる部分を縫い合わせる。
奥になる部分を縫い合わせる。
端から1cmの所をティッシュの取出し口が中心になるように合わせ縫う。縫代をロックミシンで始末してアイロンを掛ける。

7.箱の出し入れ口を三つ折りにする。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」箱の出し入れ口を三つ折りにする。
洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」箱の出し入れ口を三つ折りにする。
箱の出し入れ口を三つ折りにする。
箱の出し入れ口になる部分を三つ折りにして完成。内側にマジックテープをつけるとより良い。

8.完成。

洋裁製作工程「ボックスティッシュカバー」完成