箸入れの作り方

箸入れの製作

ゴムで巻いて使う箸入れの作り方

ゴムでくるっと巻いて使える箸入れの作り方。

1.生地を裁断する。

洋裁製作工程「箸入れ」生地の裁断
生地を裁断する。
裏布は底辺40cm、高さ13cmの2等辺三角形に裁断する。表布は下からの高さ5cmの位置で切替にするので上段部分と下段部分のそれぞれを裁断する。
生地以外に用意するもの。
ゴム17cm。ボタン(1.5〜2cm位)1個。

2.表になる部分を縫う。

洋裁製作工程「箸入れ」表になる部分を縫う
表になる部分を縫う。
表布の上段部分と下段部分を中表に合わせ縫う。縫ったらアイロンを掛ける。

3.表布と裏布を縫い合わせる。

洋裁製作工程「箸入れ」表布と裏布を縫い合わせる
表布と裏布を縫い合わせる。
表布と裏布を中表に合わせ縫う。 三角形の頂点になる部分にゴムを二つ折りにしてはさむ。表に返すための開きを6~7cm位残して、3辺をぐるりと縫う。 (開きにするのは表布側から見て三角形の左側の写真の辺り)
縫ったら角の縫代を三角形に切り落とし、開きの部分から表に返しアイロンを掛ける。

4.縁を縫う。

洋裁製作工程「箸入れ」縁を縫う
縁を縫う。
3辺の端にステッチを掛ける。(もちろんミシンでも可)
ここではほっくりした感じにしたかったので手縫いで仕上げてます。

5.箸の先が入る部分をつくる。

洋裁製作工程「箸入れ」箸の先が入る部分をつくる
箸の先が入る部分をつくる。
裏布から見て左側の部分が箸の先を入れる部分になる。角から9cmの所で二つに折って縫い合わせる。3の工程での開きはこの時に縫い合わせてしまう。(上記4の工程でステッチを掛けてしまっても問題ありません)

6.ボタンを付ける。

洋裁製作工程「箸入れ」ボタンを付ける
ボタンを付ける。
表布側の三角形の頂点から1〜1.5cm位下がった辺りにボタンを付ける。

7.完成。

洋裁製作工程「箸入れ」完成
完成。
こんな風に箸を入れてくるくるッと巻いてゴムを回してボタンに止めて使います。
洋裁製作工程「箸入れ」完成