縫うための基本(用途・特性)

用途

曲線の縫代の始末に利用したり、
縁を包んで飾りに利用したり。
市販のものも付け方の基本は同じです。
市販のバイアステープを利用する場合は
既に折り目が付いているのでその線に合わせて縫い合わせていきます

パイピングって
布の端をバイヤステープや他の布でくるみ、装飾的に始末をすること

綺麗なパイピングにするために知っておきたい事

伸びやすいのがバイアスって言っても
ゴムみたいにどこまでも伸びるわけじゃない。だって布だし!
伸びてる状態は織ってある繊維が引っ張られて歪んでるってことなので
布自体がもろくなっているってこと。
縫う時にも特性をうまく利用して綺麗に縫えるように工夫が必要

バイアス「パイピング -01-」
バイアス「失敗例 -01-」
バイアス「失敗例 -02-」

ワンポイント

綺麗に付けようと思ってアイロンでバイアステープを伸ばすなど無理に矯正しても
熱が冷めていく過程で布も元に戻ろうとしてしまいます。
出来上がってみたら、結局シワになったりギャザーがよってしまう事があります。
カーブがきついような時で綺麗に縁取りしたい時は
イセ気味に付けるのはもちろん
アイロン掛けの時に霧吹きで布を矯正すると比較的熱が冷めても収縮が少ない。