縫代の始末でバイアステープを使う方法

縫代の始末

スモックの襟ぐりを例にして縫代の始末でバイアステープを利用する方法です。

ノースリーブの袖口など、曲線の縫代の始末をする時にバイアステープを利用すると綺麗に仕上がります。

※襟ぐりの始末の方法のみの紹介です。スモックの制作工程の紹介はしていません

バイアス -スモックタイトル画像-

1.身頃とバイアステープを中表に縫い合わせる。

バイアス -スモック画像1-
身頃とバイアステープを中表に縫い合わせる。
ここでは、襟ぐりの後中心をゴムの通し口として開けるため
(左写真のように)縫い始めと縫い終わりのバイアスをそれぞれ二つ折にしています。

2.アイロンを掛ける

バイアス -スモック画像2-
アイロンを掛ける
1で縫いあわせたバイアステープ部分にアイロンを掛け縫代を内側に倒す。
その時、表地にバイアステープが見えないように1mm位裏側にくるようにアイロンを掛ける

3.バイアステープを内側に織り込む

バイアス -スモック画像3-
バイアステープを内側に織り込む
内側に折込みピンで留めて行く(しつけを掛ける)
※市販のバイアステープを使用する場合は折ってある線を利用する

4.ステッチを掛ける

バイアス -スモック画像4-
ステッチを掛ける
出来上がり線から1cm位の所にステッチを掛けて行く

5.完成

バイアス -スモック画像5-
完成
仕上げにアイロンを掛けて完成
このスモックは脇の開きの部分も縫代始末にバイアステープを使用しています。