ミシンで縫う場合

鍋つかみ

基本のパイピングでは裏側を手縫いでまつる方法を紹介しましたが
ここではミシンを使ってステッチを掛ける方法を紹介します

バイアス -鍋つかみタイトル画像-

1.裁断する〜3.掛紐を作る

バイアス -鍋つかみ画像1〜3-
裁断する〜掛紐を作る
  • 1.裁断する
  • 2.表地・綿・裏地を縫い合せ、ステッチを掛ける
  • 3.掛紐を作る
  • ここまでの工程は「基本のパイピング」の1〜3の工程と同じですので省略します。
  • ←※左の写真は工程2まで仕上がった状態

4.バイアステープを縫い付ける

バイアス -鍋つかみ画像4-
バイアステープを縫い付ける
  • 表地にバイアステープを中表に重ね縫い合わせる。
    縫い始めは基本編と同じく1cm位織り込む
  • 最終的にミシン縫いの仕上げなので掛紐はこの段階では挟まない。
  • 市販のバイアステープを使う場合も基本編と同じ

5.アイロンを掛ける

バイアス -鍋つかみ画像5-
アイロンを掛ける
  • 出来上がり線で裏側に織り込む
  • 裏側は表よりもバイアスの巾が1〜2mm長くなるように縫代を内側に折込む

ワンポイント

表側のA(上写真)の巾より、裏側のB(下写真)の巾が1〜2mm長くなるようにアイロンを掛ける。
同じ巾にすると、ミシンを掛けたときにミシン目が落ちてしまう事がある。

6.ステッチを掛けてパイピングを仕上げる

バイアス -鍋つかみ画像6-
ステッチを掛けてパイピングを仕上げる
裏側の縫代を内側に折込み、ミシンを掛ける。

7.完成!!

バイアス -鍋つかみ画像7-
完成
ミシンでステッチを掛けると表と裏のバイアスの巾の誤差でステッチが落ちてしいやすいので綺麗に仕上げるのはちょっと難しいけど色々なアイテムに使えるので頑張ってトライしてみてください。