基本のパイピング

鍋つかみ

鍋つかみの作り方を例にして
縁をバイアステープでパイピングする方法を紹介します

バイアス -鍋つかみタイトル画像-

1.裁断する

バイアス -鍋つかみ画像1-
裁断する
  • 本体は角を丸くして19×19cmを
    表裏それぞれ1枚づつ
    中に入れる綿も同じサイズで裁断します
  • バイアステープは3.5cm幅×80cmのものを用意します。

2.表地・綿・裏地の3枚を重ね合わせる

バイアス -鍋つかみ画像2-
表地・綿・裏地の3枚を重ね合わせる
ここでは渦巻き状にステッチを掛けています。

3.鍋つかみの掛け紐を作る。

バイアス -鍋つかみ画像3-
鍋つかみの掛け紐を作る。
  • A.13cmの長さのバイアステープを中心に合わせ観音開きのようにアイロンを掛ける
  • B.さらに中心で二つ折にする。
  • C.端にミシンを掛け縫い合わせる

4.バイアステープを付ける

バイアス -鍋つかみ画像4-
バイアステープを付ける
表地側にバイアステープを重ね中表に縫い合わせる。
周りをぐるっと1周させる
※市販のバイアステープを使う場合は折り目のある部分に合わせて縫い合わせます。

5.アイロンを掛ける

バイアス -鍋つかみ画像5-
アイロンを掛ける
バイアステープを縫い合せたらアイロンを掛ける。
外側の出来上がり線に合わせて二つ折にする

6.裏側のバイアステープをまつる

バイアス -鍋つかみ画像6-
裏側のバイアステープをまつる
裏側のバイアステープを内側に二つ折にして工程4で縫ったミシンの線に合わせるように
まつり縫いをして行く。

7.完成!!

バイアス -鍋つかみ画像7-
完成
基本のパイピングの方法なので他のアイテムでも使えます。