ギンガムチェック -gingham-

好きな布「ビンの蓋」
好きな布「ギンガムチェック-1-」

ギンガムって聞いたら、
おそらくほとんどの人が
この柄を思い浮かべると
思う。

好きな布「ギンガムチェック-2-」

赤・黄色・青・・などの先染糸と晒糸を使って格子柄に織った平織りの綿織物
そんな説明なんていらない位定番の柄

好きな布「ギンガムチェック-3-」

白×色が基本だけど、2〜3色の物もあるし、色×色もある。
シンプルだからこそ柄の大きさや色の組み合わせ次第でいろんな表情が楽しめる。

好きな布「ギンガムチェック-4-」

耳慣れている「ギンガムチェック」だけど「ギンガム」って何?

語源としては説が二つあるんだって。

好きな布「ギンガムチェック-5-」

1.マレー語の「gingan」からきたという説。
「gingan」って縦じまの綿布って意味

好きな布「ギンガムチェック-6-」

2.フランスのブルターニュ地方のガンガンからきたという説
その昔この地方でインドの綿の平織物を模造したことからこの名がついたとか。

好きな布「ギンガムチェック-7- コースター」

ガラス瓶の蓋にギンガムで味付けしたり
無地の布の縁取りをギンガムにしたり。
このシンプルさがたまらなく好き

好きな布「ギンガムチェック-8-」